番組内でよく出てくる用語をまとめてみました。
途中から聞き始めたリスナーの皆さんもこれで理解できるはず!

漫話群(まんわぐん)
番組のタイトル兼番組のメインコーナーの名前でもある。
事前に決めた漫画をテーマに話をするコーナー

漫画群(まんがぐん)
先月買った漫画・読んだ漫画・気になっている漫画、人から勧められた漫画などを紹介するコーナー

雑話群(ざつわぐん)
特にテーマを決めず自由に話す雑談コーナー

八百万(やおよろず)
「非常に多くの」「無数の」というおおざっぱな数を表す意味

リスニングボーイズ
聴取している男子たち

リスニングガールズ
聴取している女子たち

トンネル堀り
タイガが働いているとされる架空の仕事。
自宅から集合解散場所までは主に電車移動。ゆえに帰路は体に付着した泥を気にしながらの乗車なので非常に神経をつかう。
しかし最近は空調の効いた部屋から指示を送る立場についたのでその心配は軽減した。
たまに他の部署のヘルプで‟黒色の丈夫なビニールに包まれた人型のなにか”を山奥に埋める仕事もしている。
どちらも就業時間は夜間。

洋物ポルノの吹き替え
ヒロキが就いているとされる架空の職業。
やがて独立することをタイガはしきりに提唱しているが乗り気ではないヒロキの態度はいつもつれない。
また近ごろタイガはアダルトビデオに副音声をつける新事業を思いついたがどうすればヒロキに起業させることができるかを日々思案し眠れぬ夜が増えた。

目撃
1つの漫画を1回読むこと。
目を通す
同一の漫画を2回読むこと。
読む
同一の漫画を3回読むこと。
熟読
同一の漫画を4回読むこと。

ア ロンリー マン
当番組のメイン聴取者と見なしている存在。
恋愛経験に乏しく大体が童貞。

妄想戯曲(イマジナリーリリック)
記憶がおぼろげな部分を脳内で独自に物語を構築し補完するヒロキの特殊能力。
自身で制御することはできない。

百読の刑(ひゃくどくのけい)
漫画の内容に関する発言で著しい過誤が認められた場合に発動する刑罰。
術語を失念した際も同様の罰が下る。
刑罰の内容は、過誤が認められた発言内容が記載されている漫画を百度読むというものである。
尚、‟読む”の概念は上記に記載。

万読の刑(まんどくのけい)
死罪。

小陳謝の儀(しょうちんしゃのぎ)
漫画に関することで事実と異なる情報を八百万の民に流した場合に吹聴者本人が自身を悔い改めるために催される小規模な式典。

大陳謝の儀(だいちんしゃのぎ)
漫画に関することで事実と異なる情報を八百万の民に流し、かつ民の私生活に混乱を生じさせるような致命的な影響を与えた場合に催される大規模な式典。
あまりの規模の大きさに現実感はなく吹聴者本人が悔い改めることはない。

●肉拍子(にくびょうし)
性交渉の際の肉同士の衝突の連続によって生じる拍の連なり。
例文:「兄さん、この肉拍子は両親の寝室からくるものですか?」

●山田流掘削術(やまだりゅうくっさくじゅつ)
タイガが取得したとされる国家資格。
砕石掘削術法を根拠とする国家資格である。
元は忍術にある遁術のひとつ土遁を応用した技術であり、自称忍者の末裔 十六代目 山田穴(やまだあな)が代々伝わる土遁の術を現代の掘削の技術まで昇華し、のち国の法令に基づいたレベルまで洗練されたものが原型となる。
甲種・乙種(一類~二十五類)・丙種(一類~八類)と分類される。
ちなみに甲種保持者は市町村の許可なく任意の場所に隧道(意:トンネル)を掘ることが認められている。
なお年一回ある山田流掘削術国家試験が行われる会場は、関西地方ではインテックス大阪の地下200階にあり、たどり着くだけでも非常に困難とされている。