第56回 漫話群 はだしのゲン 後編 / 中沢啓治



今回はリスナーのリッスンスッリさんからのリクエスト「はだしのゲン」です。
話がふくらみまして前編後編と二つにわけてあります。

こちらは後編になります。

まずは妙に語呂のいい小唄の数々を紹介したいと思ます。

さよなら三角またきて四角

さよなら三角またきて四角 四角は豆腐 豆腐は白い 白いはうさぎ うさぎははねる はねるはカエル
カエルは青い 青いはバナナ バナナはむげる むげるはチンポ

ソーダ屋の村長

そうだそうだ 
ソーダ屋の村長さんがソーダーのんでしんだそうだ
そうしきまんじゅう くうたそうだ 

女郎買い

バカが 行く行く 女郎買いに 青い顔して 朝帰り
みやげに もらった 淋病で 痛い痛いと 泣きました

金タマ

金タマは
金と言えども
光りなく
玉と言えども
丸くなし
日陰においても
色黒し
えらくもないのに
ひげはやし
縫目あっても
ほころびはなし
チョイナ
チョイナー

曜日小唄

月 夜の晩に
火 事があって
水 をもってこい
木 兵衛さん
金 玉おとして
土 ろまみれ 



ヒロキおすすめの面白シーンはこちら

ゲンの狂気



思い込んだらとことん!あの親にしてこの子あり!

人間をやめたムスビ

ムスビ!白目と黒目が逆じゃ!

以上。前後編に渡ってお届けした「はだしのゲン」でした。

はだしのゲン / 中沢啓二

中沢 啓治(なかざわ けいじ、本名同じ。1939年(昭和14年)3月14日 – 2012年(平成24年)12月19日)は、日本の漫画家。
代表作に「はだしのゲン」など、広島市への原子爆弾投下による自身の被爆体験を元に、戦争・平和を題材とした作品を数多く発表している。(Wikipediaより抜粋)
「中沢啓治 平和マンガシリーズ」で先生の他の作品も読むことができます。



あとInstagramやTwitterもやってますのでぜひフォローお願いします。

Twitter@wagun_taiga
Instagramtaiga_manwagun

下部にあるメニューバーからもとべるようになってますのでどうぞ!

ご意見・ご要望・アドバイス・相談などはお問い合わせフォームから!
もしくはこちらのアドレス→manwagun@outlook.jpから直接ご連絡下さい!

メールからお便りを送っていただく際に
件名には「どの回もしくはどのテーマについての内容か」を明記していただけると助かります。
あと「ラジオネーム」・「お住いの都道府県」もあれば話は弾みます!

HPコメント欄でもPodcastのレビュー欄でもどこでもコメントお待ちしております!!

そして引き続きヒロキのプレゼント企画があります!
漫話群に対して何かしらのコメントをくれた方に対して、ヒロキが所持する「真島くんすっとばす!!」(全15巻)、「壁男」(全1巻)、「刻刻」(全8巻)のどれかをプレゼント!
そして「天使な小生意気」(全20巻)も追加しました!

さらにタイガから「ぼのぼの 10巻」(10巻のみ)のプレゼントも追加!

manwagun@outlook.jp←こちらのアドレスに番組の感想と欲しい漫画のタイトル、そして住所を明記していただければヒロキが自腹で希望の漫画を郵送いたします!
お問い合わせフォームからもご連絡いただけます!

一応プレゼント募集は年内を予定していますので欲しい方はお早めにどうぞ!!


【次テーマ漫画予告】
次のテーマとなる漫画は荒川弘先生による「鋼の錬金術師」を予定しています。

鋼の錬金術師 / 荒川弘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です