第72回 漫話群 宮本から君へ  / 新井英樹


今回はリスナーのハノさんからいただいたで新井英樹先生の「宮本から君へ」です。

※音源は一番下にあります。激しくネタバレがあります。


この作品、かなりおもしろいです。
いまのところ今年読んだ作品の中では一番ですね!

会話の中に出てきたシーンの画像をいくつかのせておきますので音源とともにお楽しみください。

○本音を言い合う二人

○小田課長とサウナ

○ヨダレあふるる

○海

○ふいに流星

○実は私も気持ちよかったのだ

○指で歯磨き

○金魚を埋める

○ツイててビビる

宮本から君へ / 新井英樹

新井 英樹(あらい ひでき、1963年9月15日 – )は、日本の漫画家。神奈川県出身。神奈川県立川和高等学校、明治大学卒業。妻は漫画家の入江喜和。

漫画家を目指すために文具会社を退職して、作品の投稿を始める。ちばてつや賞入選などを経て、1989年に『8月の光』がアフタヌーン四季賞夏のコンテストにおいて四季大賞を受賞しデビュー。デビュー当初は『牽牛庵だより』『こどもができたよ』など非常にソフトで柔らかいタッチだったが、後に反社会的な表現を多用する現在の特徴的な作風になった。

第38回(1992年)、小学館漫画賞青年一般部門受賞(『宮本から君へ』)。(Wikipediaより抜粋)

代表作:「愛しのアイリーン」「ザ・ワールド・イズ・マイン」「キーチ!! 」など



InstagramやTwitterもやってますのでぜひフォローお願いします。

Twitter@wagun_taiga
Instagramtaiga_manwagun

下部にあるメニューバーからもとべるようになってますのでどうぞ!

ご意見・ご要望・アドバイス・相談などはお問い合わせフォームから!
もしくはこちらのアドレス→manwagun@outlook.jpから直接ご連絡下さい!

メールからお便りを送っていただく際に
件名には「どの回もしくはどのテーマについての内容か」を明記していただけると助かります。
あと「ラジオネーム」・「お住いの都道府県」もあれば話は弾みます!

HPコメント欄でもPodcastのレビュー欄でもどこでもコメントお待ちしております!!


【次テーマ漫画予告】
次のテーマとなる漫画はジョージ朝倉先生による「ピース オブ ケイク」を予定しています。

ピース オブ ケイク / ジョージ朝倉

第72回 漫話群 宮本から君へ  / 新井英樹” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です